ハイローオーストラリアでモンテカルロ法は有効か?part2

今回は実際にモンテカルロ法はハイローオーストラリアにおいて有効な手法なのかという事を説明していこうと思います!モンテカルロ法とは何か?というところはpart1に載せてますのでそちらをご覧ください。

バイナリーにモンテカルロ法は適していないって本当?

モンテカルロ法についての記事でよく見かけるのはモンテカルロ法はバイナリーには有効でないという記事です。モンテカルロ法は元々、払い戻しが3倍以上のものであれば勝率は3割でも利益が出させるよ!というもので、カジノのルーレット攻略法でも有名ですね。そのためペイアウト率が1.8倍と低いバイナリーには向いていない、、、という記事が多くあるのです!

ん??ペイアウト1.8倍では向いていない??

あれ、ハイローオーストラリアってペイアウト2.0倍じゃなかったっけ?

そうです、モンテカルロ法はバイナリーに有効でないと記事を書いている人の多くはペイアウト率が1.75倍や1.8倍を前提で話をしているのです。そりゃそうですよね、一般的にはバイナリーは平均1.8倍くらいのペイアウトが普通なのですが、僕のよく使用しているハイローオーストラリアは最大ペイアウト率が2.0倍もあります。となると、1つの疑問が浮かびます。

ペイアウト3倍のルーレットだと勝率3割で利益が出せるのなら、ペイアウト率2倍のハイローオーストラリアだと勝率何割あればこの手法で利益がでるんだ??

しかし調べても調べてもペイアウト1.8のバイナリーには向いてないよ~という記事ばかり。じゃあ2.0倍は!?と思い調べましたが無駄でした、、、

だったら自分で検証してみよう!!という事で検証してみました!

ペイアウト1.9倍の1分取引で、勝率50%で利益が出る!?

当初は最大ペイアウト2.0倍のスプレッド取引で検証してみようと思いましたが、僕のしている取引の多くはTurbo取引が多いので、ペイアウト1.95倍で勝率が50%でも利益がでたらいいな、、、という事でペイアウト1.95倍の1分取引で検証してみました。

もちろん普通に金額をかけているだけでは勝率が50%だとペイアウトが1.9倍であればやればやるほどマイナスになってしまいます。ペイアウト1.9倍で利益を出そうと思ったら勝率が52.6%以上なくてはなりません。それではモンテカルロ法を用いたらどうなったのか!?みなさんに紹介していこうと思います!

検証結果

勝ち69回 負け69回 勝率50%

収支+626円

こちらが結果になります!626円と聞くとなんか地味だな、、、と思うかもしれませんがペイアウト率が2.0倍を切っているにもかかわらず勝率50%で利益が出ているのは凄いことですよ!

ペイアウト1.95倍という事は1000円かけて勝った場合は1950円になって払い戻しがあります。という事は950円の利益ですね。では次に負けてしまったとしましょう、かけた金額の1000円を失ってしまいます。このように通常の金額のかけ方をしていたら、1000円で1勝1敗の勝率50%だと50円マイナスになってしまうのです!ですがモンテカルロ法を用いた方法で勝率50%だとプラマイゼロどころかむしろプラスになってしまうんですね、、、なぜかは僕もわからないので数学の学者さんに聞いてください(笑)

ちなみに最後勝ち越して70勝69敗だった時の利益が15589円でした!勝率50%でプラスになって1回でも勝ち越したら相当なプラスになるんですね。また、別の日に検証したところ勝率50%でマイナスになることは無いのですが勝ち負けの順番によって若干収支が変化することもわかりました!

まとめ

勝率50%で利益が出るなら上がるか下がるかのバイナリーなんて所詮勝率50%なんだから適当にかけても利益が出るじゃないか!と思った方もいるかと思いますが、適当に取引をして勝率40%なんてことになったら溜まったもんじゃないですよね。ですからモンテカルロ法を用いるときは元々勝率の高い方法をさらに効率をよくする金額のかけ方という認識で使用していきましょう!その際も自分の資金状況とはしっかり相談してくださいね。

 

コメント