ボリンジャーバンドとRSIを組み合わせた逆張り必勝法とは!?

ボリンジャーバンドやRSIって何?

そもそもボリンジャーバンドやRSIの意味が分からない!って方の為に簡単に説明するとどちらもMT4などのチャートに表示できるインジケーターのことです。※インジケーターとは取引する際に参考となる様々な指標の事。ボリンジャーバンドは相場のトレンドの継続や反転を予測できるものであり、RSIは相場の上昇具合や下降具合を示しているものです。ボリンジャーバンドとは±σ3にタッチした場合に相場の向きとは反対方向にエントリー(逆張り)すると以前別の記事で説明しました。詳しくはこちらの記事(バイナリーオプションで稼ぎたければこれを見ろ!!)を参照してください!前回、(RSIを使って実際に取引してみた!)ではRSIを使って取引しましたが、RSIだけでは比較的簡単なために騙しにあってしまう事がしばしばありますので、今回は、より取引の精度を上げるためにボリンジャーバンドと組み合わせた手法を紹介していこうと思います!

ボリンジャーバンド、RSIを組み合わせた逆張り必勝法とは!?

なぜボリンジャーバンドとRSIを組み合わせるのかというと、ボリンジャーバンドでトレンドの転換期を読むことと、RSIの相場が大きく動いた際に反発することが多いという二つの分析を足すことよって、どちらか一つではなく二つの根拠をもとに取引を行うことが出来るからです!
例えば、ボリンジャーバンドは±σ3にタッチすると逆張りをする事とし、RSIの場合は数値が70以上30以下の場合に逆張りすることとします。そこで、どちらか一つの条件を満たしたらではなく、二つとも条件を満たしたときのみエントリーをすることで、一つの根拠を元に取引をするのではなくさらにそこにもう一つ根拠を足すことで取引の精度を上げることが出来るのです!
では実際にこちらの相場を見てみましょう!!
①ではボリンジャーバンドの+σ3にタッチしており、RSIの数値が70に達しています。
②ではボリンジャーバンドが-σ3に達しており、RSIの数値が30に達しています。
③では②と同様
どれも条件を二つとも満たしており、尚且つそこを起点に相場の流れ(向き)が変わっていますね!
つまり、取引を行う際は①や②のように2つの条件がそれぞれ満たされた場合に相場の流れとは反対の方向に購入すればいいのです!(逆張り)
これがRSIとボリンジャーバンドを組み合わせた手法です!

まとめ

ボリンジャーバンド、RSIと、異なる2つのインジケーターを組み合わせることで、より精度の高い取引が出来ることが分かったと思います!
しかし、当然RSIだけで取引を行う場合やボリンジャーバンドだけで取引を行う場合に比べてエントリーポイントが少なくなってしまいます。精度を上げるために取捨選択するので当然といえば当然なのですが、注意しなくてはならないのが、2つの条件を満たしている、つまり期待値の高いポイント以外で取引をしてはいけないという事です。正しい手法を用いること以外に、バイナリーオプションにおいて利益をあげる為には自分で決めた条件が訪れるまでじっくり待つという事も非常に重要なポイントの一つでしょう!

コメント

  1. […] を説明しました。気になる方はこちらを参照してください。(ボリンジャーバンドとRSIを組み合わせた逆張り必勝法とは!?)ですが今回はボリンジャーバンドを使った順張りの手法を […]