マーチンゲール法をうまく活用する方法!

マーチンゲール法を活用し効率よく利益を上げるには

以前マーチンゲール法の解説を記事にしましたが、今回はマーチンゲール法を活用した利益の上げ方について僕なりに考えてみたので紹介します!

チャートの分析をしたうえで使う!

何も考えずにマーチンゲール法でエントリーして利益を出そうと思うと膨大な資金力が必要になります。しかしそんな資金は準備できないので、あらかじめチャートやインディケーターなどを駆使し、相場を分析することが重要になってきます。相場を分析したことによりある程度「次はこっちに動くのではないだろうか?」という予測は立てられると思うのでその予測した方向にエントリーします。この予想はアバウトなもので1回の取引で予測が当たればラッキーで予測が外れてしまったらマーチンゲール法の出番です!あらかじめ相場を分析し流れは読んでいるので、もしこの予測が外れても相場の流れがあっていればマーチンゲール法の回数をそこまでかけることなく勝ちにたどり着けるのではないかというわけです!

相場の流れを読み間違えたら、、、

上では相場の流れの読みが当たっていた場合について書きましたが外れた場合について書いていきます。相場の流れの読みが当たった場合はマーチンゲール法を数回使うと勝てる!というわけですが、外れた場合自分が予測した方向とは逆に相場は動いていくので資金がいくらあっても足りないという状態に陥ります。なのであらかじめ自分の取引口座の残高と照らし合わせてマーチンゲール法を使う回数を制限するべきだと考えます。例えば、口座残高が10万円で最低取引金額の1000円でエントリーしたならばマーチンゲール法を使うのは4回までと決めるなど(マーチンゲール法を4回使ったとすると1000+2000+4000+8000=15000)損失額を自分の無理ない範囲内に抑えることが大切です。10万円あるからと言って口座残高の限界までマーチンゲール法を使ってしまうと、もし負けてしまった場合に口座にはもう取引をする資金はありません。

 

まとめ

マーチンゲール法は、うまくいけば損失を帳消しにしさらに利益まで出るという夢のような手法ですが、その裏側には口座の資金が底をつき、取引を続行することすらできない状態になってしまうという大きなリスクがあります。リスクをしっかりと考え自分の無理ない範囲内で取引をすることが最も大切です。無理をしてしまうと、自分は生活を楽にするため、もっと贅沢をするためと思い投資を始めたはずが気づけば投資のせいでお金がない、、、なんてことになりかねません。つまり、ルールを決めてそれを守ることも大切だということです。

コメント