日本人の投資に対する考え方について僕が思う事

日本人の投資に対する考え

今回は手法の説明や解説ではなく日本に蔓延している投資を怪しいものだと考える風潮や投資は怖いという認識について僕がおかしいと思う日本人の投資に対する考え方について書いていこうと思います。記事が少し長くなってしまいますが読んでいただいた方の中で投資に対する考えが変わったという方がいたら嬉しいです。

投資は怖いがギャンブルはする

住んでる近くにパチンコ屋さんがある、という方は多いのではないでしょうか。また、自分や友人、家族にギャンブルをされる方がいるという方は多いのではないでしょうか。そんな中でまわりに投資をしているという人はどれくらいいるでしょうか。環境にもよるとは思いますが投資をしているという人は少数だと感じます。一方でギャンブルをしているという人は投資をしている人と比べてとても多いと思います。なぜ、日本はギャンブルをやっている人が多いのに投資をやっている人が少ないのか僕はとても不思議に思います。何の差があるのでしょうか。とても不思議に思ったのでいろいろ考えてみましたが納得いく答えは浮かびませんでした。正直僕は、ギャンブルをしている人はお金の使い方が上手ではないと思います。ギャンブルでお金が増えることも、もちろんあるという事はわかります。ですが、投資の方がより効率よく資産を増やせると僕は思います。ギャンブルよりも投資の方が効率が良いなんてことは少し考えれば気づくことではないでしょうか。ましてや、パチンコ屋さんの収益の一部はどこかの国の軍事力になっていると聞きます。恐ろしいことこの上ないです。今まで、ギャンブルを悪だと思ったことはありません。パチンコに至っては19兆にものぼる市場です。しかし、世間に明るみになってはいませんが売り上げの一部が日本国外に流れ軍事力に代わっているとしたら悪と言わざるを得ないです。借金をしてまでギャンブルをするという事があるという話も多々聞きます。借金を背負ってまでギャンブルをする事に何か意味があるのでしょうか。お金を失った後にとても後悔しているのではないでしょうか。頑張って働いたお金をつぎ込んでいく価値があるとは僕には到底思えません。ギャンブルに使うくらいなら欲しいものを買い食べたいものを食べたほうがより幸せを感じられるのではないですか。もしこの記事を読んでいる方の中にギャンブルをされている方がいるのであれば、投資という資産を増やす術があるという事を頭に入れてください。ギャンブルで一度お金を手に入れると病みつきになってしまうというのはわかりますが目先のお金よりも長期的に資産を増やしていける投資の方がギャンブルよりも優れているのではないでしょうか。あくまでも、ギャンブルは娯楽だし楽しいからやっているという方には何も言いません。暇つぶしでギャンブルやってるという方やお金が増えたらいいなーといった気持でギャンブルをされている方は是非一度投資という選択肢もあるという事をわかってほしいです。

保守的な国民性

日本人は、貯金が好きな民族といわれることがあるほど現預金の比率が非常に高くなんと52%を誇っています。そんな日本とは真逆な国、アメリカの現預金率は13%と大きな差があります。日本人の多くの人が投資を避ける中アメリカ人は約人口の半分の人は投資をしています。なぜここまで差があるのか簡単に説明するとアメリカではお金の使い方に関する教育が盛んで、投資に詳しい人も多いですが日本でのお金の教育といえばピンとくるものはなく皆さん小さな時から無駄使いはいけないだの貯金しなさいだの口うるさく言われたと思います。この幼少期が原因でお金の使い方があまり上手でないようです。アメリカではお金は増やせるものだという認識が強いですが、日本ではそんな考えあまり聞きません。さらに日本人は単独行動よりも団体行動が好きな人が多いため同調圧力に弱いといわれおり、みんながやってるならやらなきゃ!と考える人が多く今の日本は貯金が正義とされているので現預金率が高いのかもしれません。この同調圧力の方向が変わり投資を良しとする流れになれば日本の経済はもっと成長するのではないかと思います。

SNSに大量発生する自称投資家たち

日本人は、同調圧力に弱い人が多いという事を言いましたが投資をする人が増えない理由の一つにTwitterやInstagram、Facebookに大量発生している自称投資家たちが原因の一つではないかと思います。莫大なフォロワー数、どこから拾ってきたのかもわからないようなブランド品の写真や札束の数々、怪しいことこの上ないですよね。投稿をよく見てみれば投資に関することは薄っぺらい内容ばかり有料ツールや情報商材を販売している人たちをばかりでとても投資家と呼ぶには難しいと感じました。こんな人が多いのでSNSを利用している人たちに 投資=胡散臭い と印象ついてしまい投資を避ける人が多いのかなと思います。近年スマートフォンがすさまじい勢いで使用者数を伸ばしていきスマートフォンのシェア率は国民の80%です。国民の大多数がスマートフォンを使用している時代でSNSをやっていないという人はごく少数だと思います。そんなSNSに自称投資家が大量発生してしまうと投資の印象が下がってしまうというのも納得がいきます。投資というのはSNSで活動することでもなくツールや情報を売る事でもなく自分の資本を将来自分の利益になると思うものに投じる行為だという事をこの記事を読んだ方には忘れないでいただきたいです。自称投資家たちを撲滅することは僕個人の力では不可能なので、少しでも正しい投資を知っている人数を増やしていければいいなと思います。

まとめ

日本人は昔からの教育や国民性などが大きく影響し世界的に投資に対する考えが遅れていて、投資をしている人が少なく貯金をしている人が多い状況であり、SNSなどに投資家を名乗る間違えた投資を発信している人たちが大量にいるせいで投資に対する認識が怪しいものや悪いものとなってしまっているので、本来の形の投資が正しい形で浸透していくといいなと僕は思っています。

コメント