順張り攻略法 押し目買い、戻し売りを理解しよう!

トレンドって何?

トレンドのおさらいですが、トレンドとは相場の流れの事であり、上昇傾向の相場であれば上昇トレンド、下降傾向の相場であれば下降トレンドとなります。順張りの王道の方法はそのトレンドの流れに沿ってエントリーを行う事ですが、今回はそのトレンドの中に存在する押し目を理解してより効率よく利益を上げる方法を紹介していこうと思います

押し目買い、戻し売りって何?

まずトレンドというものは一直線に相場が推移していくものではなく、上昇トレンドであれば一時的に下降したり、下降トレンドであれば一時的に上昇したりしながらトレンドを形成します。簡単に言うと、上昇トレンドといっても相場はジグザグ山と谷を形成しながら上昇していきます。上昇トレンドの場合の、一時的に下降しているポイント(谷)でトレンドの向きに購入することが押し目買い、下降トレンドの、一時的に上昇しているポイント(谷)でトレンドの向きに購入することが戻し売りといいます

押し目、戻り目を使ったエントリーポイントとは?

エントリーポイントは上の画像の中で谷が形成されているポイントで、谷から再度上昇が始まり、一つ前の山よりも相場が高くなったポイントでトレンドの方向通りにHighエントリーします。谷が形成されて前回の山より上昇がない場合はトレンドの終了となるのでエントリーはしませんが場合によってはトレンドの転換期としての指標になり得るので、逆張りのポイントとして覚えておいてもいいでしょう。下降トレンドの場合は上昇トレンドの場合と同じ考え方で、下降しているポイント(山)から一時的な上昇(谷)が形成された場合に、再度、トレンドの方向通りに相場が推移して前回の山(下降しているポイント)より谷(一時的な上昇をしているポイント)から再度上昇した相場が低くなったポイントでトレンド方向通りにLowエントリーします。この場合も再度下降を始めて一つ前の山より相場が下降しなかった場合は下降トレンドの終了を示します。

まとめ

今回は、トレンドの際の押し目買い、戻し売りについて説明しましたが、これを理解することによって、ただトレンドの方向に購入する時よりも効率よく利益を出すことが出来ます。なぜかというと、トレンド方向に購入すること自体は相対的に見れば期待値は十分にあるのですが、短い取引時間ではトレンドの谷に巻き込まれてしまい、勝率が落ちてしまうかからです。ですが取引をする際に谷にあたってしまってもトレンドの方向に購入し続けることで勝率50%以上の数字を出すことが出来るので、その谷を利用して取引を行うことでより効率よく取引を行うことが出来るという事ですね!

 

コメント